介護ロボット「HAL」を活用した腰部負荷軽減プロジェクトの発足と委嘱状の交付式

2018年4月30日

去る4月19日一般社団法人埼玉県老人福祉施設協議会主催の元、

介護ロボットを導入し、腰部負荷軽減プロジェクトが発足しました。

 

利用者様への安全な介助に移乗介助、離床介助、体位変換、

立ち上がり介助、入浴介助、排泄介助、介助中の前傾姿勢や

中腰姿勢の維持などの動作をアシストしてくれるのが

介護ロボット「HAL」です。

 

腰痛が長引くと介助中の事故や職員の離職の心配が考えられます。

これからのことを踏まえて4月から「HAL」を導入し、

介護職員の腰部負荷軽減に取り組むこととなりました。

 

その始まりとして1回目の定例会が開催され、

一般社団法人埼玉県老人福祉施設協議会の岡芹会長から

各施設の施設長に委嘱状が手渡され、交付式が行われました。

 

各施設の進捗報告では使い始めてから1ヶ月経っていないことも

ありますが、「HAL」のアシストを徐々に身体で感じ、

腰への負担が少なくなるように使っていきたいと思っています。

編集ロボットロボット2

 

2018年4月30日 | カテゴリー : 未分類 | 投稿者 : mother