「福祉について」東台小学校交流事業

2019年11月22日

先月11日、交流事業の一環でマザーアースの職員が東台小学校5年生に

『福祉について』、お話しをしてきました。

福祉の意味についてのお話しや、介護は身近なお手伝いと捉え、

グループごとに自分が出来るお手伝い(介護)を考え、子どもたちに発表して頂きました。

子ども達の思いやりのある温かい気持ちに感動しました。

高齢者の疑似体験では、膝や肘の固定、視野の狭くなる眼鏡や、

色の判別がしにくくなる眼鏡、軍手をした手でお箸を使い豆を拾うなど、

短い時間の中でしたが、体験していただく事ができました。

「今度いつマザーアースに行くの?」と楽しみにしてくれている様子を見て、とてもうれしく思いました。

東台小学校5年生の皆さん、「福祉について」一緒に学べて楽しかったです。

ありがとうございました。

2019年11月22日 | カテゴリー : 未分類 | 投稿者 : mother